Pocket

Zabbix 2.0.5 ウェブ監視(Webサイト監視)の設定方法

  • add this entry to hatena bookmark

Zabbix 2.0.5 で「ウェブ監視」を設定してみました。Webサイトをユーザー視点で監視できる仕組みであり、比較的簡単に設定できます。

設定内容や監視結果、エラー時の挙動について確認してみましたので、記録しておきます。

Webサイト監視の設定

私は、カタカナで「ウェブ監視」と記載する事はめったに無いので、ここでは「Webサイト監視」と記載します。

Webサイト監視の設定自体は、直観的で分かりやすいです。

まず、シナリオという「箱」のようなものを定義します。

scenario-create

保存ボタンを押す前に、次に「ステップ」を作成します。

step-create

ステップを定義し、「追加」ボタンを押下します。

その後「保存」ボタンを押下すると、Webサイト監視が作成できます。

ちなみに、ステップは複数個を作成する事が可能です。すべてのステップが成功すればWebサイト監視は「正常」と判断され、一つでもステップが失敗すればWebサイト監視は「失敗」と判断されます。

監視結果

Webサイト監視の結果は、以下の2画面で確認できます。

  1. 「監視データ」-「ウェブ」画面
    • ダウンロード速度とレスポンス時間の数値データ、応答コードやステータスが表示できます。
    • ダウンロード速度とレスポンス時間のグラフ画面が表示されます。
  2. 「監視データ」-「最新データ」画面
    • アイテム項目が表示され、アイテム毎の監視結果も表示されます。
    • アイテム毎のグラフが表示できます。
    • シナリオとしての最新エラーメッセージと、エラーメッセージの履歴を確認できます。

なお、1個のシナリオAに1個のステップXを追加した場合は、合計5個のアイテムが登録されます。以下がそのアイテムです。

  1. シナリオAのダウンロード速度
  2. シナリオAのステップが失敗
  3. シナリオAのステップXのダウンロード速度
  4. シナリオAのステップXのレスポンスタイム
  5. シナリオAのステップXのレスポンスコード

しかし、Webサイト監視(ウェブ監視)で登録されたアイテムは、「設定」-「ホスト」画面で表示されるアイテムには反映されないようです。

エラー時の挙動

例えば、ステップで監視していた「要求文字列」が取得できなかった場合、「監視データ」-「ウェブ」画面のステータスで、「ステップX [1の1] 失敗: Required pattern not found」と表示されます。

step-error

また、エラーを検知した時に初めて、「監視データ」-「最新データ」画面で、以下のアイテムが登録されます。

  • シナリオAの最新エラーメッセージ

このアイテムの「ヒストリ」リンクから、過去のエラーメッセージ状況を期間指定で一覧表示する事が可能になります。

2014/06/28:記事に「Moreタグ」だけ設定して、更新しました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。