Pocket

ZabbixでPing監視をする際のfping設定

  • add this entry to hatena bookmark

ZabbixでICMP Pingを行う場合は、fpingユーティリティを利用しますが、fpingは別途インストールする必要があります。

ここでは、fpingインストール後に必要な設定について(備忘録ではありますが)記載しておきます。

Zabbix設定

zabbix_server.conf で fping に関する設定箇所は以下です。

### Option: FpingLocation
#       Location of fping.
#       Make sure that fping binary has root ownership and SUID flag set.
#
# Mandatory: no
# Default:
# FpingLocation=/usr/sbin/fping

### Option: Fping6Location
#       Location of fping6.
#       Make sure that fping6 binary has root ownership and SUID flag set.
#       Make empty if your fping utility is capable to process IPv6 addresses.
#
# Mandatory: no
# Default:
# Fping6Location=/usr/sbin/fping6

fping のインストール場所を指定する「FpingLocation」設定値があり、デフォルト値は「FpingLocation=/usr/sbin/fping」です。

/usr/sbin/fping にインストールされていれば、このままでも大丈夫ですが、コメントアウトを外してももちろんOKです。
IPv6を使っていない場合は「Fping6Location」は関係ないです。

パーミッション設定

Zabbixユーザーがfpingを実行できるように、パーミッション設定を行う必要があります。

# which fping
/usr/sbin/fping
#
# chown root:zabbix /usr/sbin/fping 
# chmod 710 /usr/sbin/fping 
# chmod ug+s /usr/sbin/fping
#
# ls -la /usr/sbin/fping
-rws--s--- 1 root zabbix 37161 Sep 23  2012 /usr/sbin/fping
#

私はZabbixを使い始めた頃、この設定が必要だと分からず、Ping監視がうまくいかない状態でした。

参考:https://www.zabbix.com/documentation/jp/1.8/manual/config/items

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。