Pocket

CentOSにyumでZabbixエージェントをインストールして起動するまでの手順

  • add this entry to hatena bookmark

Zabbix 2.2系の現時点の最新版「2.2.7」のエージェントをCentOSにインストールする手順を記載します。

yumインストールが楽ですので、Zabbix-JPのyumリポジトリを使います。

1.Zabbix-JPのyumリポジトリを登録

Zabbix-JPのyumリポジトリを使うため、まず、zabbix-releaseをrpmインストールします。

$ sudo rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/rhel/6/x86_64/zabbix-release-2.2-1.el6.noarch.rpm

インストールが終わると、/etc/yum.repos.d/ ディレクトリにrepoファイルが配置されています。

$ ls -1 /etc/yum.repos.d/zabbix.repo
/etc/yum.repos.d/zabbix.repo
$

なお、Zabbixのyum利用時以外は、デフォルトでZabbixレポジトリをyum対象に含める必要はないので、zabbix.repo ファイルの編集し、「enabled = 1」を「enabled = 0」に変更しておきます。

2.Zabbixエージェントをインストール

次に、yumコマンドで、Zabbixエージェントをインストールします。「–enablerepo」オプションでzabbixレポジトリファイルを指定しています。
以下、インストール前後にrpmコマンドでインストール済rpmパッケージを確認しています。

$ rpm -qa | grep zabbix
zabbix-release-2.2-1.el6.noarch
$ sudo yum install zabbix-agent –enablerepo=zabbix
$ rpm -qa | grep zabbix
zabbix-release-2.2-1.el6.noarch
zabbix-agent-2.2.7-1.el6.x86_64
zabbix-2.2.7-1.el6.x86_64
$

Zabbix 2.2系の現時点の最新版「2.2.7」のエージェントがインストールされました。

3.Zabbixエージェント設定

Zabbixの設定ファイルは/etc/zabbix 配下にあります。

$ cd /etc/zabbix
$ ls -l
合計 12
-rw-r--r-- 1 root root 7569 10月 27 05:21 2014 zabbix_agentd.conf
drwxr-xr-x 2 root root 4096 11月 25 12:57 2014 zabbix_agentd.d 
$

/etc/zabbix/zabbix_agentd.conf を編集します。

私の場合、取り急ぎでデフォルト値から変更する設定値は以下です。

  • Server(ZabbixサーバのIPアドレスを設定)
  • ServerActive(ZabbixサーバのIPアドレスを設定)
  • Hostname(Zabbixエージェントが稼働するホスト名を設定)
  • ListenPort(コメントアウトを明示的に外しておく。デフォルト10050を利用。)
  • ListenIP(Zabbixエージェントが使うIPアドレスを設定)

4.Zabbixエージェントを起動

yumインストールすると、/etc/init.d/zabbix-agent が配置されるので、これを使って起動します。

$ sudo /etc/init.d/zabbix-agent status
zabbix_agentd は停止しています
$ sudo /etc/init.d/zabbix-agent start
Starting Zabbix agent:                                     [  OK  ]
$ sudo /etc/init.d/zabbix-agent status
zabbix_agentd (pid 10815 10814 10813 10812 10811 10810) を実行中...
$ ps -awef|grep zabbix | grep -v grep
zabbix   10810     1  0 11:15 ?        00:00:00 zabbix_agentd -c /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
zabbix   10811 10810  0 11:15 ?        00:00:00 zabbix_agentd: collector [idle 1 sec]
zabbix   10812 10810  0 11:15 ?        00:00:00 zabbix_agentd: listener #1 [waiting for connection]
zabbix   10813 10810  0 11:15 ?        00:00:00 zabbix_agentd: listener #2 [waiting for connection]
zabbix   10814 10810  0 11:15 ?        00:00:00 zabbix_agentd: listener #3 [waiting for connection]
zabbix   10815 10810  0 11:15 ?        00:00:00 zabbix_agentd: active checks #1 [idle 1 sec]
$

Zabbixエージェントが起動しました。Zabbixマネージャ側の設定は別途必要ですが、ここでは記載を省略します。

5.OS起動時の設定

デフォルトでは、OS起動時はZabbixエージェントは停止した状態です。OS起動時に自動起動するように/sbin/chkconfig コマンドで設定します。

$ sudo /sbin/chkconfig --list zabbix-agent
zabbix-agent    0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
$ sudo /sbin/chkconfig zabbix-agent on
$ sudo /sbin/chkconfig --list zabbix-agent
zabbix-agent    0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
$

6.補足

iptablesなどが設定されている場合、TCP10050 をブロックしないように設定を行います。

/etc/sysconfig/iptables の適切な場所に以下を追加し、iptablesを再起動します。

-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 10050 -j ACCEPT

設定完了後は、Zabbixマネージャのコマンドラインから、zabbix_getコマンドなどで導通確認しておくと良いかと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。