Pocket

Zabbix 2.0.5 で MySQLの監視(テンプレート利用)

  • add this entry to hatena bookmark

Zabbix で MySQLの監視を導入しました。設定した作業内容を記録しておきます。

1.環境説明

バージョンは以下になります。

  • Zabbixサーバ:2.0.5
  • Zabbixエージェント:1.8.16
  • MySQL:5.5.23-log MySQL Community Server (GPL)

2.Template App MySQL の適用

まずは、Zabbix管理画面でMySQLの監視項目を確認するために、Zabbix 2.0.5 に付属しているテンプレート「Template App MySQL」を、監視対象ノードに適用します。

テンプレートに含まれる監視項目は以下になります。

Template_App_MySQL

Key は、mysql.ping と mysql.version 以外は、mysql.status となります。全部で14個のアイテムがあり、Key が mysql.status であるアイテムは12個です。

3.Zabbixエージェント側の設定

Zabbixエージェント側の userparameter_mysql.conf で、以下の設定を行います。

UserParameter=mysql.status[*],echo "show global status like '$1';" | HOME=/var/lib/zabbix mysql --defaults-extra-file=/etc/zabbix/mysql/my.cnf -N | awk '{print $$2}'

Key を mysql.status[*] とすると、この1行だけで大丈夫です。–defaults-extra-file は、前回の投稿「zabbix_get コマンドで MySQLの稼働状況を確認する方法(アカウント情報を分離)」を参照してください。

設定後は、zabbixエージェントを再起動してください。

4.Zabbix側で、MySQL監視項目を有効化

Zabbixエージェント側の設定をする前に、「Template App MySQL」を監視対象ノードに適用していたので、12個の「Key が mysql.status であるアイテム」は無効になっています。よって、Zabbix画面上でそれらのアイテムを有効にします。

すると、MySQLの値が取得できるようになります。

zabbix-mysql-list

後日、実際にクエリー(SELECT文)を発行した監視も行ってみようかな。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。