Pocket

WordPressバージョンアップ(3.5.1 → 3.6.1)

  • add this entry to hatena bookmark

本日、WordPressを「3.5.1」から「3.6.1」にバージョンアップしました。また、実施できていなかったプラグインのバージョンアップも行いました。

今回のバージョンアップ手順を簡単ですが記録しておきます。

作業概要

私の環境は、サーバにSSH接続して作業を行える環境ですので、バージョンアップ作業は手動で実施しました。

  1. /usr/local/src にダウンロードして解凍した WordPress最新版(3.6.1)を、/usr/local/apache2の配下に移動。(例:/usr/local/apache2/wordpress)
  2. 現在稼働しているWordPress(/usr/local/apache2/htdocs 配下)から、必要なファイル/ディレクトリをコピー(テーマやプラグイン、アップロード画像など)
  3. WordPressのバージョンアップ作業中は、アクセス制限をかけるために、apache 設定ファイルでIPアクセス制限を行い、apache を再起動。
  4. /usr/local/apache2/htdocs の名前をリネームして退避(例:/usr/local/apache2/htdocs_backup)
  5. /usr/local/apache2/wordpress を /usr/local/apache2/htdocs にリネーム。
  6. Web画面でWordPressにアクセスし、DB接続設定やDB更新作業を実施。
  7. apache設定ファイルで実施していたIPアクセス制限を解除し、apacheを再起動。
  8. プラグインを一つずつ更新(プラグインによっては個別で設定を確認・更新)

以上でとりあえずWordPressバージョンアップ作業が無事完了しました。

プラグインの導入数が多いので、WordPress 自体のバージョンアップよりも、プラグインのバージョンアップ作業のほうが時間がかかってしまいました。

 

備考

  • WordPressの外観部分は、子テーマでカスタマイズをしているので、バージョンアップ時の対応は非常に楽です。
  • 3.6.1 になって幾つか変更点があるみたいですが、プラグインも続けて一気にバージョンアップしたので 、WordPressのバージョンアップ効果なのかプラグインのバージョンアップ効果なのかが判別しにくい・・・・。今後、一気にバージョンアップするのは辞めよう!

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。