Pocket

WordPressバージョンアップ(3.3.2 → 3.4.1)

  • add this entry to hatena bookmark

WordPressのバージョンアップを初めて実施しました。内容を記録しておきます。使っていたWordPressのバージョンは「3.3.2」で、今回のバージョンアップ対象は「3.4.1」です。

プラグインの導入や更新のように簡単に出来るかと思っていましたが、そうでもなく、いくつかの手順が必要でした。また、個別にカスタマイズしていた内容についても、別途対応が必要になります。

以下に、「1.WordPress本体のバージョンアップ作業」と「2.個別にカスタマイズした個所に関する作業」に分けて記載しています。

1.WordPress本体の作業

WordPress Codex 日本語版 の、WordPressのアップグレード/詳細 を参考にして、バージョンアップ作業を行いました。どのファイルを残す必要があるのか、などは少し分かりにくいと感じました。

私の環境は、サーバにSSH接続して作業を行える環境ですので、サイトに記載されている以下のやり方でバージョンアップを実施しました。

  1. まず、新たに別名で wordpressディレクトリを作り、wp-config.php および .htaccess、追加/変更したコンテンツファイルをその中にコピーします。
  2. 次に、旧ディレクトリの名前を変更(リネーム)して(退避させ)、新しいディレクトリをその場所に移動させます(=本番の wordpressディレクトリ名にリネーム)。

このやり方が一番分かりやすかったです。私の場合は、追加/変更したコンテンツファイルとして、「別途作っていたimagesディレクトリの画像ファイル」も合わせてコピーしました。

2.個別にカスタマイズした個所に関する作業

私の環境では、以下の作業が必要でした。

  1. 導入していたプラグインで、いくつかの作業が必要になりました。しかし、作業自体は簡単な作業で済みました。
  2. テーマはtwentyelevenを使っており、header.php や footer.php などを変更していたので、同じ変更を新バージョンのphpファイルにも行いました。
  3. CSSファイル(style.css、editor-style.css)を変更していたので、新バージョンのCSSファイルにも行いました。

自分が、どのファイルの、どの個所を変更したのかを記録していかないと(もしくは、覚えておかないと)、WordPressのバージョンアップ時に多少困る事になる事が分かりました・・・。

以上、WordPressを3.4.1にバージョンアップした際の記録です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。