Pocket

WordPress 高速化チャレンジ W3 Total Cache(失敗)

  • add this entry to hatena bookmark

WordPressサイトのレスポンスが悪い状態です。管理サイトも同様に応答が遅いです。ググってみるとWordPressは一概にパフォーマンス問題が問題になるようで、様々な対策があるようです。

色々な見解があるみたいですが、WordPressのパフォーマンスが悪い原因は、そもそも日本語に関するPHP処理部分が弱い、プラグインの多さが悪影響等らしいです。

そこで、対策として「W3 Total Cache」と「MO Cache」を試してみる事にしました。

これらを導入した際の、効果測定を行いたいですので、導入前後でApacheBenchでのパフォーマンス測定を行いました。

No 状況 Time taken for tests(seconds) Requests per second(#/sec) Transfer rate(Kbytes/sec) Connection Times(ms) min Total ConnectionTimes(ms) max Total
1 導入前 77.488 1.29 40.80 312 37172
2 導入前 56.789 1.76 54.43 327 27786
3 導入前 92.584 1.08 31.03 361 28616
4 導入前 98.161 1.02 32.19 342 27609
5 W3TotalCache有効化(apache再起動) 11.530 8.67 275.74 323 1991
6 W3TotalCache有効化 13.112 7.63 242.46 322 12243
7 W3TotalCache有効化 11.934 8.38 266.40 333 1653
8 W3TotalCache有効化 12.748 7.84 249.39 314 1982
9 MO Cache 有効化 14.249 7.02 223.11 584 2342
10 MO Cache 有効化 14.342 6.97 221.67 501 2362
11 MO Cache 有効化 13.501 7.41 235.47 298 1893
12 MO Cache無効化、W3 Total Cache 無効化 12.139 8.24 260.33 463 3600
13 MO Cache無効化、W3 Total Cache 無効化 10.918 9.16 289.45 298 2759
14 MO Cache有効化、W3 Total Cache 有効化 20.225 4.94 157.20 394 20224
15 MO Cache有効化、W3 Total Cache 有効化 15.494 6.45 205.19 670 2676

微妙な結果になりました。

W3 Total Cacheを有効化してから、パフォーマンスは上がりましたが、実は No.5 の後に、apacheを再起動したのが影響しているようです。

また、MO Cacheを有効化しても、対して結果は変わっていないです。

さらに、試しに、W3 Total CacheとMO Cacheを無効化してみても、パフォーマンスは落ちない状態でした。多分パフォーマンスが上がったのは、apacheを再起動した結果である事が確定的になった感じがします。

設定の際に、.htaccessファイルのmod_rewrite関連の設定がうまくいかない状態でした。既存のパーマリンク用の設定内容と、W3 Total Cacheで設定する内容がうまく噛み合わない感じです。

ややこしいのも嫌ですので、今回は「W3 Total Cache」は使わない事にします。(MO Cacheは今回は検証できなかったです。)

WordPressは遅いままなので、別のものを検討したいと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。