Pocket

Windows Azure 無料評価版

  • add this entry to hatena bookmark

Windows Azure は、Microsoftのクラウドサービス(PaaS)ですが、ずっと気になっていたので、今回、無料評価版を試してみました。

利用前に気になっていた事

以下が、気になっていた事です。

  • Windows Azure 無料評価版の利用期間⇒90日間
  • 「Azureって何て読むのか?アジューレ?」⇒正しくは「アジュール」のようです。
  • PaaSサービスという事ですが、具体的にどういう感じか?⇒IaaS環境もあり。
  • Microsoftから出ている分かりやすいメニュー情報が少ない?⇒MSDNのページが分かりやすい。

利用!

利用する際には、Windows Live ID とクレジットカード情報が必要になります。使いたいので、もちろん登録します!

その後、Portal画面にログイン!

日本語ではなく、英語の画面です。

早速、私が試す場合に取っ掛かり易そうな「VIRTUAL MACHINES」から、インスタンス(Windows Server 2012)を作ってみました。

インスタンス作成一発目は、作成途中でエラーが出ました。調べる気はないので、手っ取り早く削除し、もう一度インスタンスを作ると、今度は成功してインスタンスが出来ました。

インスタンスの操作は、画面下にボタンが並んでいる状態です。

「RESTART」ボタンでインスタンスを起動させて、「CONNECT」ボタンを押すと、インスタンスへの接続設定がされているRDPファイルがダウンロードできます。

RDP接続を行うと、セキュリティ証明書(自己証明)がある事が分かります。期間は半年になっています。そのまま接続すると、無事にWindows Server 2012 インスタンスに接続できました。

小一時間程度、使ってみて思った事

  • 英語なのね。⇒後日ログインしたら日本語になった。
  • インスタンスは、Windows Server 2012 も試せるのね。でも、ログアウトはどうするんだ?⇒カーソルを画面右側へ持っていくと、ウィジットが出現し、OS再起動などを含めたオペレーションが出来る!
  • なんか色々出来そうだけど、先にやるべき事は、MSサイトで情報を探したり、Wikiを読んだり、ググってみて、Windows Azureの知識を付けてから触る事かな。

補足情報

Windows Azure 開発者向け技術情報 ←このサイトが分かりやすそう。

VPN接続も設定出来る。対向側は、Cisco/Juniperが互換機器としてあり。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。