Pocket

VMware Horizon View 5.2.0環境のざっくり構築手順

  • add this entry to hatena bookmark

前回、VMware vSphere vCenter 5.1.0環境のざっくり構築手順 で、vCenter環境を構築しましたが、今回はその環境上に、VMware Horizon View 5.2.0 環境を構築しました。

最初「リンククローン」を使おうとしたのですが、色々エラーが出て、対応はするものの、動く環境まで持っていくのは時間がかかりそうだったので、「フルクローン」を使う事にしました。

手順の流れをかなりざっくりですが記録しておきます。

構築環境

構築環境は前回と同じく、HP ProLiant MicroServer 1台環境です。リソースが少ないので処理には時間が掛かりますが、なんとか動きました。

ソフトウェア環境(評価版)は以下です。

ESXi ESXi 5.1.0 Build 838463
vSphere Client 5.1.0 Build 786111
VMware vCenter Server 5.1.0 Build 947673
VMware View Connection Server 5.2.0 Build 987719
VMware View Composer 5.2.0 Build 983460
VMware View Agent 5.2.0 Build 987719
VMware Horizon View Client 5.3.0 Build 1042023

1.VMware View Connection Server のインストール

まず、Connection Server をインストールします。

先行して、VMでWindows Server 2008 R2 と VMware Toolsをインストールし、固定IP設定とAD参加を行っておきます。その後に、ダウンロードしておいた「VMware-viewconnectionserver-x86_64-5.2.0-987719.exe」をサーバ上に配置し、実行します。

ConnectionServer

インストールウィザードの各画面では、「Viewスタンダードサーバ」を選択、「Windowsファイアウォールを自動的に構成する」を選択、などを行ってインストールを終了させます。

2.VMware View Composer のインストール

次に、View Composer をインストールします。View Composer は、既にある vCenter ノードに同居させる形でインストールします。

その後に、ダウンロードしておいた「VMware-viewcomposer-5.2.0-983460.exe」をvCenterサーバ上に配置し、実行します。

Composer

インストール終了後にOSを再起動すると、View Composer サービスが起動します。

3.仮想デスクトップのテンプレートを作成

次に、デスクトップ展開のベースイメージとするWindows7環境を作成し、フルクローン用にテンプレートに変換します。

Windows7 には、VMware Tools と View Agent(VMware-viewagent-x86_64-5.2.0-987719.exe) をインストールします。

ViewAgent

その後で、Windows Updateで最新にしておきます。

その後、フルクローンで使う為、Windows7 をパワーオフして、「テンプレートに変換」します。

4.VMware View Client をアクセス端末にインストール

仮想デスクトップ(Windows7)にアクセスする端末に、View Client(VMware-viewclient-x86_64-5.3.0-1042023.exe)をインストールします。

ViewClient

インストール後に、アクセス端末の再起動が必要です。

5.VMware Horizon View Administrator 設定

次に、View Administrator 管理画面に接続し、設定を行います。

ブラウザで、Connection Server に https でアクセス(https://ConnectionServerアドレス/admin)すると、以下のログイン画面が表示されます。

ViewAdministrator

評価用ライセンスを設定し、vCenter Server 設定を追加します。(すみません、細かい個所は省略します)

ViewAdministrator vCenter

その後、左ペインの「インベントリ」ー「プール」画面からデスクトッププールを追加します。

追加ウィザードの後にしばらく待つと、「インベントリ」-「デスクトップ」画面で、ステータスが「使用可能」になります。(リンククローンで設定する際にここでエラー状態になりました。色々対応してみましたが治らなかったので、今回はフルクローンにしました。)

ViewAdministrator デスクトップ

以上で、サーバー側の設定は一旦完了です。次にアクセス端末からVDI接続してみます。

6.VMware Horizon View Client 接続確認

VMware Horizon View Client を起動します。

HorizonViewClient

「接続」ボタンをクリックし、認証情報を入力すると、接続するデスクトップの選択画面が表示されます。

HorizonViewClient デスクトップ選択

デスクトップを選択して「接続」ボタンをクリックすると、仮想デスクトップに接続できます。

VDI ログイン画面

VDIログイン

この画面が確認できた時はうれしかったです。Citrixで構築した事はあったのですが、VMware View は初めてでしたので。

やっと動く環境が出来たので、時間がある時に色々確認してみようと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。