Pocket

試験用アプリ基盤の構築(apache,php,PostgreSQL)

  • add this entry to hatena bookmark

脆弱性診断、負荷試験のテストをしたいため、試験用のアプリケーション環境をEC2上で構築する。

EC2上でのミドルウェア環境構築では、AWS Elastic Beanstalkで構築できる部分もあるようだが、最新バージョンで以下のミドルウェア環境を作りたいので、個別に構築する事にする。

  • PostgreSQL 9.1.3
  • apache 2.4.2
  • php 5.4.3

PostgreSQL

PostgreSQLのソースをダウンロードし、MD5チェックを行う。

wget http://ftp.postgresql.org/pub/source/v9.1.3/postgresql-9.1.3.tar.gz
wget http://ftp.postgresql.org/pub/source/v9.1.3/postgresql-9.1.3.tar.gz.md5
cat postgresql-9.1.3.tar.gz.md5
md5sum postgresql-9.1.3.tar.gz

PostgreSQLのインストールにおいて、足りないパッケージがいくつかある。configureをかけながら足りないパッケージが判明するので、都度yumでインストールする。

必要なパッケージがそろったら、INSTALLファイルに記載されている通り、インストールを行う。

 

apache

apacheサイトからaprとapr-utilをダウンロードして、apacheのソースディレクトリ内にあるsrclib内に入れてから、事前にインストールする。利用したバージョンは以下。

  • apr-1.4.6
  • apr-util-1.4.1

また、apacheにてSSLを有効にしたいので、最新のopensslバージョンもインストールしておく。利用したバージョンは以下。

  • openssl-1.0.1c

(apacheのmakeでエラーが出るので、configureオプションで、-fPICを設定。)

その後、apacheのインストールを行う。configureオプションは以下である。

./configure --enable-so --with-included-apr --enable-ssl --with-ssl=/usr/local/ssl

 

php

configureを走らせている段階で足りないモジュールがいくつか出てくるので、都度yumでインストールする。

configureオプションは以下である。

./configure --with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs --with-pgsql=/usr/local/pgsql

phpインストール後に、httpd.confに必要な設定を追加する。最低限の設定は以下。

  • PHP 共有モジュールをロードさせる設定
  • 拡張子phpをapacheが PHP としてパースするよう設定

 

稼働確認

apacheを起動すれば、設定内容が反映される。

まず、EC2の「Security Groups」でhttpアクセスを有効化する。

その後、php稼働確認用に、phpinfo関数を使った簡易phpファイルをWebサーバに配置して確認する。

 

備考

無料段階のEC2(マイクロインスタンス)のCPUやメモリのスペックでは、一つ一つの処理進捗が遅い・・・。これは仕方がない・・・。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。