VMware Horizon View 5.2.0環境のざっくり構築手順

前回、VMware vSphere vCenter 5.1.0環境のざっくり構築手順 で、vCenter環境を構築しましたが、今回はその環境上に、VMware Horizon View 5.2.0 環境を構築しました。

最初「リンククローン」を使おうとしたのですが、色々エラーが出て、対応はするものの、動く環境まで持っていくのは時間がかかりそうだったので、「フルクローン」を使う事にしました。

手順の流れをかなりざっくりですが記録しておきます。

構築環境

構築環境は前回と同じく、HP ProLiant MicroServer 1台環境です。リソースが少ないので処理には時間が掛かりますが、なんとか動きました。

ソフトウェア環境(評価版)は以下です。

ESXi ESXi 5.1.0 Build 838463
vSphere Client 5.1.0 Build 786111
VMware vCenter Server 5.1.0 Build 947673
VMware View Connection Server 5.2.0 Build 987719
VMware View Composer 5.2.0 Build 983460
VMware View Agent 5.2.0 Build 987719
VMware Horizon View Client 5.3.0 Build 1042023

1.VMware View Connection Server のインストール

まず、Connection Server をインストールします。

先行して、VMでWindows Server 2008 R2 と VMware Toolsをインストールし、固定IP設定とAD参加を行っておきます。その後に、ダウンロードしておいた「VMware-viewconnectionserver-x86_64-5.2.0-987719.exe」をサーバ上に配置し、実行します。

ConnectionServer

インストールウィザードの各画面では、「Viewスタンダードサーバ」を選択、「Windowsファイアウォールを自動的に構成する」を選択、などを行ってインストールを終了させます。

2.VMware View Composer のインストール

次に、View Composer をインストールします。View Composer は、既にある vCenter ノードに同居させる形でインストールします。

その後に、ダウンロードしておいた「VMware-viewcomposer-5.2.0-983460.exe」をvCenterサーバ上に配置し、実行します。

Composer

インストール終了後にOSを再起動すると、View Composer サービスが起動します。

3.仮想デスクトップのテンプレートを作成

次に、デスクトップ展開のベースイメージとするWindows7環境を作成し、フルクローン用にテンプレートに変換します。

Windows7 には、VMware Tools と View Agent(VMware-viewagent-x86_64-5.2.0-987719.exe) をインストールします。

ViewAgent

その後で、Windows Updateで最新にしておきます。

その後、フルクローンで使う為、Windows7 をパワーオフして、「テンプレートに変換」します。

4.VMware View Client をアクセス端末にインストール

仮想デスクトップ(Windows7)にアクセスする端末に、View Client(VMware-viewclient-x86_64-5.3.0-1042023.exe)をインストールします。

ViewClient

インストール後に、アクセス端末の再起動が必要です。

5.VMware Horizon View Administrator 設定

次に、View Administrator 管理画面に接続し、設定を行います。

ブラウザで、Connection Server に https でアクセス(https://ConnectionServerアドレス/admin)すると、以下のログイン画面が表示されます。

ViewAdministrator

評価用ライセンスを設定し、vCenter Server 設定を追加します。(すみません、細かい個所は省略します)

ViewAdministrator vCenter

その後、左ペインの「インベントリ」ー「プール」画面からデスクトッププールを追加します。

追加ウィザードの後にしばらく待つと、「インベントリ」-「デスクトップ」画面で、ステータスが「使用可能」になります。(リンククローンで設定する際にここでエラー状態になりました。色々対応してみましたが治らなかったので、今回はフルクローンにしました。)

ViewAdministrator デスクトップ

以上で、サーバー側の設定は一旦完了です。次にアクセス端末からVDI接続してみます。

6.VMware Horizon View Client 接続確認

VMware Horizon View Client を起動します。

HorizonViewClient

「接続」ボタンをクリックし、認証情報を入力すると、接続するデスクトップの選択画面が表示されます。

HorizonViewClient デスクトップ選択

デスクトップを選択して「接続」ボタンをクリックすると、仮想デスクトップに接続できます。

VDI ログイン画面

VDIログイン

この画面が確認できた時はうれしかったです。Citrixで構築した事はあったのですが、VMware View は初めてでしたので。

やっと動く環境が出来たので、時間がある時に色々確認してみようと思います。

VMware vSphere vCenter 5.1.0環境のざっくり構築手順

久しぶりにVMware vSphere環境を検証環境として構築しました。ESXi をインストールし、ゲストOSとしてAD環境を構築し、vCenter をインストールしました。

手順の流れをかなりざっくりですが記録しておきます。 Continue reading

仮想化基盤におけるCPUリソースに関する簡易整理

VMware vSphere などの仮想化基盤において、ゲストOSが利用できるCPUスペックや、ゲストOS上のMySQLを使ったバッチ処理プログラムが利用できるCPUリソースについて、あらためて考える機会がありました。

基本的な部分の理解不足もあり、少し頭を整理したくなりましたので、CPUの基本的なところから知りたくなった点について簡単にまとめてみました。 Continue reading

ネットワーク仮想化

2012年2月に、Nicira Networks の情報が公開になった。

Niciraでは、他拠点との自由なネットワーク接続などが可能になるネットワーク仮想化ソフトウェア製品「Network Virtualization Platform(NVP)」を提供している。

ネットワーク分野でも、物理ネットワークと論理ネットワークを分離して、ハイブリッドクラウド環境や拠点間、IDC間での自由度の高いアプローチが可能となる。

NVPは、OpenFlowを用いて、Open vSwitch(仮想スイッチ)を制御する事が出来る。

http://nicira.com/


OpenFlow

構成として、OpenFlowスイッチとOpenFlowコントローラがあり、この間をOpenFlowプロトコルで制御する。

OpenFlowコントローラからOpenFlowスイッチのフローテーブルに自由度の高いルールをOpenFlowプロトコルを使って書き込む事ができる。論理構成が自由自在に出来る。

今までの今までのネットワーク機器のように1つのネットワーク機器筐体内でブラックボックス的に提供されていた機能が、「機能が分割」されて、「インターフェースが定義」されて、「オープン化」されたというところが特徴。

http://www.openflow.org/

Open vSwitch

XenServerやXen、KVMなどのハイパーバイザ上で動作する仮想スイッチ。

OpenFrowをサポートしている。

http://openvswitch.org/