Pocket

ストレージベンダーのクラウド進出(NetAppとAWSの連携)

  • add this entry to hatena bookmark

ストレージベンダーであるNetAppがAWSとの連携サービスを2013年1月に正式に発表しました。詳細仕様や値段などは公開されていないようですが、エンタープライズ市場にいたNetAppがクラウド市場に対して今後どの程度の結果を出していけるのかが興味深いところだと考えています。

アマゾンとしても、様々なレベルのストレージサービスを展開してきましたが、NetAppが獲得してきた市場シェアと、その顧客のディザスタリカバリに対するニーズを魅力的に感じた結果なのだと思います。

NetAppを使ったDRサービスは日本でもいくつかの会社で展開しています。AWSとの連携サービスに対して脅威に感じていると思います。ですが、こういったサービスは、DR用の接続回線やデータ連携に関する仕様(NetAppであれば、SnapMirrorやSnapVaultなどが該当するかと思います)、ストレージ領域の料金、有事に利用するヘッドとなるサーバ確保などが必要になってくると思いますので、どのくらいの脅威となるかは、今回のサービスに関する詳細仕様が見えない限り判断しにくいのが現状だと思います。

ただ、現状の流れとしてはっきりしているのは、使った分だけ課金していくという方向性が、ストレージのエンタープライズ市場でも求められているという判断をした、NetAppとアマゾンのマーケティング活動の結果なのかな、と思います。

はたしてどのような販売結果が出るのか、今後他のストレージベンダーやクラウドベンダーが同じようなサービス形態で追随するのか、見ていくのも面白いかと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。