Pocket

snmptrapd でトラップ受信したらメール通知

  • add this entry to hatena bookmark

Linuxにインストールしているsnmptrapd(snmpトラップマネージャ)でsnmpトラップを受信した際に、指定のメールアドレスに通知する設定を行います。

snmptrapd の確認

利用するsnmptrapdは、net-snmp-5.5-41.el6.x86_64 に付属しているものになります。

# rpm -qf /usr/sbin/snmptrapd
net-snmp-5.5-41.el6.x86_64
#

snmptrapd.conf の設定

/etc/snmp/snmptrapd.conf がsnmptrapdの設定ファイルになります。

# ls -la /etc/snmp/snmptrapd.conf
-rw-r--r-- 1 root root 331 Sep  4 10:51 /etc/snmp/snmptrapd.conf
#

ファイルを開き、以下の設定を行います。

authCommunity   log,execute,net (コミュニティ名)
traphandle default /bin/mail -s "alert_snmptrap" (メールアドレス)

authCommunity は、アクセス制限を行う設定です。
traphandle は、受け付けるトラップと、トラップ受信後のアクション(今回はmailコマンド)を設定します。

snmptrapd起動

snmptrapdを起動します。

# /etc/rc.d/init.d/snmptrapd status
snmptrapd is stopped
# /etc/rc.d/init.d/snmptrapd start
Starting snmptrapd:                                        [  OK  ]
# ps -awef|grep snmptrap | grep -v grep
root     12552     1  0 10:51 ?        00:00:00 /usr/sbin/snmptrapd -Lsd -p /var/run/snmptrapd.pid
#

無事、起動できました。

snmptrap送信テスト

テスト的にsnmptrapを発生させて、メール通知されるかを確認します。

まずは、以下のsnmptrapコマンドで、snmpトラップを送信します。

# snmptrap -v 2c -c (コミュニティ名) localhost '' systemStats 1 s "TEST TRAP Message"

その後、/var/log/maillogを確認すると、メール通知された事が確認できます。
実際にメールが届いていたら、基本的な設定はOKです。

複数台のsnmpエージェントからsnmpトラップを受信する場合は、どのsnmpエージェントからのトラップなのかをメールで簡単に見分けられるように、設定の工夫をすると良いと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。