Pocket

PHPフレームワーク CakePHP

  • add this entry to hatena bookmark

PHPでWebサイトを作ろうかと思い、数年前に自分で作った独自フレームワークを使うか、オープンソースのフレームワークを使うか検討していました。

数年前の記憶を思い返してみると、色々邪魔くさい記憶が蘇りました。セキュリティ対策を筆頭に独自フレームワークの各種作り込み改修など、本来の目的以外に手間が掛っていました・・・。

今回は、如何に余計な手間をかけずに、スピード感のある作業を行えるか、を重視したいと考えているので、オープンソースのフレームワークを使う事にしました。多少学ぶ時間は許容します。

フレームワークの選定

使う言語はPHPが慣れているので、PHPのフレームワークを探してみました。

色々ありますが、GoogleTrendで調べた市場シェアや、Webでの情報によると、CodeIgniter、CakePHP、symfony、Zend Framework に絞って選ぶ事にしました。それぞれ特徴があり、選定が難しいですが、とりあえずCakePHPを使ってみる事にしました。

CakePHPのインストール

CakePHP 2.2.1(zip) をダウンロードし、簡単な apache 設定を行い、ブラウザ表示を行い、表示されるメッセージに従ってパーミッション設定などをいくつか設定しました。

その上で、データベース関連のメッセージだけが、なかなか消えてくれない状態でした。database.phpの設定や、データベース側の設定を施しても状況は変わらず、以下のメッセージが出る状態でした。(黄色の部分)

黄色の部分、「Cake is NOT able to connect to the database. Database connection “Mysql” is missing, or could not be created.」が該当のメッセージです。

ググってみて、やっと原因らしき事が分かりました。CakePHPではPDOで接続するとの事で、PHP自体のconfigureで、オプション「–with-pdo-mysql」が足りていませんでした。

PHPをインストールしなおしてから、再度CakePHPのWeb画面をリロードしてみると、うまくいった事が確認できました。

「Cake is able to connect to the database.」が表示されました。

これでやっと、CakePHPを使い始められそうです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。