Pocket

Node.jsと関連モジュールのインストール方法

  • add this entry to hatena bookmark

今回、AWS EC2 に Node.js 環境を構築したので、そのインストール手順を記載しています。

最初に yum で Node.js と npm をインストールし、その後はnpmでモジュールを管理する流れになります。

1.yum で基本インストール

まずは、yum で以下のパッケージをインストールします。

  • Node.js
  • npm (Node.js Package Manager)

yumリポジトリはepelを利用します。

$ sudo yum install nodejs npm --enablerepo=epel

このコマンドで多くのnodejs関連パッケージがインストールされます。今回の環境では「Dependency Installed」として、87個のパッケージがインストールされました。

$ rpm -qa | grep nodejs | wc
     74      74    2643
$

インストールしたバージョンは下記で確認できます。

$ node -v
v0.10.33
$
$ npm -v
1.3.6
$

npm(Node.js Package Manager)の設定は「$ npm config list」で確認できます。
詳細確認は「$ npm config ls -l」で確認できます。

2.npmでモジュール追加

npmコマンドで、モジュールを管理できます。

例えば、Socket.IOをインストールする場合の例を記載します。
まずnpmコマンドで検索してみます。

$ npm search socket.io

すると、「npm WARN Building the local index for the first time, please be patient」と表示されます。これは、最初にnpmコマンドを使う場合、ローカルindexが構築される処理が走るので、しばらく待つ事を促すメッセージです。

しばらく画面表示は更新されず待ち状態になりますが、根気強く待ってください。インストール環境のスペックによって待ち時間は異なりますが、処理が終わると画面表示されます。それまでは待ち時間となります。

npmモジュールは、ローカルインストールする事にします。ローカルインストールでは、カレントディレクトリ配下にnode_modulesというディレクトリが作成され、その配下にインストールされます。よって、npm installコマンドを発行する際のカレントディレクトリが重要になります。

$ cd
$ npm install socket.io
(省略)
$ ls -1 node_modules/
socket.io
$

上記を含め、以下のモジュールをnpmでインストールしてみる事にします。

  • socket.io (インストール済)
  • node-redis (Node.jsのRedisクライアントモジュール)
  • socket.io-redis
  • express
  • forever (スクリプトのデーモン化)
$ npm install redis
$ npm install socket.io-redis
$ npm install express
$ npm install forever
$ ls -1 node_modules/
express
forever
redis
socket.io
socket.io-redis
$

Node.js は関連モジュールが多いですが、yumやnpmを使うと環境構築は簡略化されるので楽が出来ると思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。