Pocket

ネットワーク仮想化

  • add this entry to hatena bookmark

2012年2月に、Nicira Networks の情報が公開になった。

Niciraでは、他拠点との自由なネットワーク接続などが可能になるネットワーク仮想化ソフトウェア製品「Network Virtualization Platform(NVP)」を提供している。

ネットワーク分野でも、物理ネットワークと論理ネットワークを分離して、ハイブリッドクラウド環境や拠点間、IDC間での自由度の高いアプローチが可能となる。

NVPは、OpenFlowを用いて、Open vSwitch(仮想スイッチ)を制御する事が出来る。

http://nicira.com/


OpenFlow

構成として、OpenFlowスイッチとOpenFlowコントローラがあり、この間をOpenFlowプロトコルで制御する。

OpenFlowコントローラからOpenFlowスイッチのフローテーブルに自由度の高いルールをOpenFlowプロトコルを使って書き込む事ができる。論理構成が自由自在に出来る。

今までの今までのネットワーク機器のように1つのネットワーク機器筐体内でブラックボックス的に提供されていた機能が、「機能が分割」されて、「インターフェースが定義」されて、「オープン化」されたというところが特徴。

http://www.openflow.org/

Open vSwitch

XenServerやXen、KVMなどのハイパーバイザ上で動作する仮想スイッチ。

OpenFrowをサポートしている。

http://openvswitch.org/

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。