Pocket

Nagios hostgroup設定を別ファイルに切り出す

  • add this entry to hatena bookmark

Nagiosをインストールした時の初期設定では、ホストグループの定義が個別ノード用設定ファイルに記載されています。ノード数が増えてくるとホストグループの定義がややこしくなりそうなので、ホストグループの定義を別ファイルにする際の記録となります。

ホストグループ用ファイル作成

/etc/local/nagios/etc/objects/ に「group.cfg」を作成し、hostgroupの設定を行う事とします。

デフォルトで「/etc/local/nagios/etc/objects/localhost.cfg」に定義されているhostgroupの設定内容を、新しいファイルである「/etc/local/nagios/etc/objects/group.cfg」にコピーします。

「/etc/local/nagios/etc/objects/group.cfg」の内容は以下になります。

# cat group.cfg
define hostgroup{
        hostgroup_name  linux-servers ; The name of the hostgroup
        alias           Linux Servers ; Long name of the group
        members         localhost     ; Comma separated list of hosts that belong to this group
        }
#

なお、今後、監視ノードが増える際には、上記載のmembersの個所に監視ノードを追加する事になります。

また、「/etc/local/nagios/etc/objects/localhost.cfg」から該当のhostgroup設定を削除します。

nagios.cfg にホストグループ用の設定を追加

Nagiosの設定全体を制御している「/etc/local/nagios/etc/nagios.cfg」に、先ほど作成したホストグループ用設定ファイルである「/etc/local/nagios/etc/objects/group.cfg」を読み込むようにします。

# cat /usr/local/nagios/etc/nagios.cfg | grep group.cfg
cfg_file=/usr/local/nagios/etc/objects/group.cfg
#

Nagios 再起動

設定ファイルを変更したので、設定ファイルに間違いがないか以下のコマンドで検証します。

# /usr/local/nagios/bin/nagios -v /usr/local/nagios/etc/nagios.cfg

問題なければ、Nagiosを再起動します。

# service nagios restart

以上で、ホストグループ設定を別ファイルで管理できるようになり、管理性が向上したと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。