Pocket

Nagios 設定の整理と確認

  • add this entry to hatena bookmark

Nagios の基本的な構成について、あらためて見直した部分を記録しておきます。

Nagios設定ファイルの整理

Nagiosの設定ファイルは、デフォルトでは /usr/local/nagios/etc 配下に配置されています。

cgi.cfg CGI関連の設定ファイル
nagios.cfg Nagios全体の設定ファイル
resource.cfg リソース関連の設定ファイル(編集の機会は少なさそう)
objects/commands.cfg 監視コマンドの定義がされている設定ファイル
objects/contacts.cfg 通知用の定義がされている設定ファイル
objects/templates.cfg CONTACT、HOST、SERVICEのテンプレート
objects/timeperiods.cfg 監視を行う時間帯が定義されている設定ファイル

また、objectsディレクトリ内では、デフォルトで監視ノード毎のサンプル設定ファイルや、本番用localhostの監視設定ファイル、hostgroup定義(group.cfg)が配置されています。必要に応じて、メインファイルである nagios.cfg と合わせながら、不要な設定ファイルは削除したり、ファイルの整理をしておくと管理しやすくなります。

メール通知

CentOSにNagiosを導入している場合、デフォルトではmailコマンドがインストールされていないので、yumでインストールしました。

yum install mailx

これで、mailコマンドによるメール通知が行えるようになります。

Nagios ログ確認

Nagiosのログは、デフォルトでは、nagios.cfg で以下のように設定されています。

log_file=/usr/local/nagios/var/nagios.log

ログの中身を見ると、タイムスタンプはエポック秒になっているので人には易しくないですが、GUI画面上で参照する場合は、分かりやすい形式でタイムスタンプが表示されます。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。