Pocket

MySQL 5.6.14 rpm インストールと初期設定(CentOS)

  • add this entry to hatena bookmark

CentOS 6.4に、MySQL 5.6.14 (rpm) をインストールして、初期設定しました。作業記録を残しておきます。

rpmの取得とインストール

rpm は、http://dev.mysql.com/downloads/mysql/ からダウンロードします。

ダウンロードするMySQLは、MySQL Community Server (GPL) (Current Generally Available Release: 5.6.14) です。以下のファイルをダウンロードしました。

  • MySQL-client-5.6.14-1.el6.x86_64.rpm
  • MySQL-devel-5.6.14-1.el6.x86_64.rpm
  • MySQL-server-5.6.14-1.el6.x86_64.rpm
  • MySQL-shared-5.6.14-1.el6.x86_64.rpm
  • MySQL-shared-compat-5.6.14-1.el6.x86_64.rpm

念のため、それぞれのファイルを md5sum コマンドで正しくダウンロードできているか確認しましょう。

CentOS では、デフォルトで「mysql-libs-5.1.66-2.el6_3.x86_64」パッケージが入っています。rpm で MySQL をインストールする際に、「mysql-libs-5.1.66-2.el6_3.x86_64」パッケージが競合しないように、まず最初に、MySQL-shared-compat をインストールします。

そうしないと、MySQL-server インストール時に、以下のように大量に怒られてしまいます。

ファイル **** (パッケージ MySQL-server-5.6.14-1.el6.x86_64 から) は、パッケージ mysql-libs-5.1.66-2.el6_3.x86_64 からのファイルと競合しています。

なお、以下で確認できますが、「MySQL-shared-compat」は以前のバージョンの依存性を壊すことなく、クライアントライブラリをバージョンアップできます。

# rpm -qi MySQL-shared-compat-5.6.14-1.el6.x86_64
Name        : MySQL-shared-compat          Relocations: (not relocatable)
Version     : 5.6.14                            Vendor: Oracle and/or its affiliates
Release     : 1.el6                         Build Date: 2013年09月11日 12時12分43秒
Install Date: 2013年12月01日 15時52分23秒      Build Host: vitro42
Group       : Applications/Databases        Source RPM: MySQL-shared-compat-5.6.14-1.el6.nosrc.rpm
Size        : 11497512                         License: Copyright 2000, 2013 Oracle and/or its affiliates.  All rights reserved.  Use is subject to license terms.  Under GPL license as shown in the Description field.
Signature   : DSA/SHA1, 2013年09月11日 12時26分44秒, Key ID 8c718d3b5072e1f5
Packager    : MySQL Release Engineering <mysql-build@oss.oracle.com>
URL         : http://www.mysql.com/
Summary     : MySQL shared client libraries for MySQL 5.1.72-1, 5.0.96-1, 4.1.23-0, 4.0.27-0
Description :
This package includes the shared client libraries for previous MySQL versions.
Install this package, if you have applications that are dynamically linked
against older versions of the MySQL client library and you want to upgrade
to MySQL 5.6.14 without breaking the library dependencies.
Up to MySQL 5.5.5, this package also contains the current version of the
shared client library, so it should be installed instead of "MySQL-shared",
Starting from MySQL 5.5.6, this package contains only the older versions of the
library, so it can be installed together with and independent of "MySQL-shared".
#

では、MySQL-shared-compat をインストールして、古いクライアントライブラリを削除します。

# rpm -ivh MySQL-shared-compat-5.6.14-1.el6.x86_64.rpm

準備中...                ########################################### [100%]
   1:MySQL-shared-compat    ########################################### [100%]
#
# rpm -e mysql-libs-5.1.66-2.el6_3.x86_64
#

次に残りのパッケージをインストールします。

# rpm -ivh MySQL-client-5.6.14-1.el6.x86_64.rpm MySQL-devel-5.6.14-1.el6.x86_64.rpm MySQL-server-5.6.14-1.el6.x86_64.rpm MySQL-shared-5.6.14-1.el6.x86_64.rpm

このrpmインストールの最中に(MySQL-server をインストールする際に)、MySQLデータベースが設定されますので、この後に環境を整える作業を行います。

rpmでインストールが済むと、以下のようになります。

# rpm -qa | grep MySQL
MySQL-shared-compat-5.6.14-1.el6.x86_64
MySQL-server-5.6.14-1.el6.x86_64
MySQL-client-5.6.14-1.el6.x86_64
MySQL-shared-5.6.14-1.el6.x86_64
MySQL-devel-5.6.14-1.el6.x86_64
#

MySQLのインストールが済みましたので、次にMySQLの環境を整えます。

MySQLの初期設定

MySQL-server をインストールした際に、MySQL の root デフォルトパスワードが「/root/.mysql_secret」ファイルに設定されています。

よって、まずは MySQLのrootパスワードを変更設定します。以下の「set password」部分が新しいパスワードを設定する箇所です。パスワードは適切なものに置き換えてください。

# mysql -uroot -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 1
Server version: 5.6.14

Copyright (c) 2000, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql>
mysql> set password = password('okikaetene');
Query OK, 0 rows affected (0.02 sec)

mysql>
mysql> \q
Bye
#

次に、/usr/bin/mysql_secure_installation コマンドを実行し、デフォルトインストール状態から、よりセキュアな状態に変更します。

# /usr/bin/mysql_secure_installation

(中略)

All done!  If you've completed all of the above steps, your MySQL
installation should now be secure.

Thanks for using MySQL!

Cleaning up...
#

試しに、test データベースが削除されているか確認してみます。

# mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 8
Server version: 5.6.14 MySQL Community Server (GPL)

Copyright (c) 2000, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| performance_schema |
+--------------------+
3 rows in set (0.02 sec)

mysql> exit
Bye
#

testデータベースは削除されていました。

my.cnf 変更

MySQLのログを確認してみると、以下のWarningエントリがあります。

[Warning] TIMESTAMP with implicit DEFAULT value is deprecated. Please use –explicit_defaults_for_timestamp server option (see documentation for more details).

このWarningを消すために、/usr/my.cnf の[mysqld] セクションに以下を追加します。

[mysqld]
explicit_defaults_for_timestamp=true

MySQLを再起動します。

# /etc/rc.d/init.d/mysql stop
# /etc/rc.d/init.d/mysql start

再度ログを確認すると、該当のWarning が消えた事が確認できます。

以上です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。