Pocket

リモートからトイレの利用状況を確認できるIoTサービス

  • add this entry to hatena bookmark

リモートから、トイレの利用状況を可視化できるIoTサービスのご紹介です。複数のトイレでも利用率がリアルタイムで表示される等、分かり易い画面を利用できるサービスです。

toilet_1floor

無線のドア開閉センサーとクラウドを利用したサービスとして提供されています。

1.トイレ課題の解決策

トイレに行きたいとき、まず心配になる事は「便器が空いているかどうか」です。

オフィスにいる場合も、通勤途中の電車内の場合も、通常はトイレに行くまで混雑度は分かりません。空いている事を祈りながら、トイレに向かう事になります。

そんな時、トイレの利用状況がいつでも可視化されていると、とても心強い状態になります。

toilet_floor_used

各フロアにあるトイレの使用率がリアルタイムで提供されていると、混雑しているトイレを回避して、空いているトイレへ向かう事が出来るようになります。

また、指定したトイレの過去の混雑度などをデータで見る事が出来ると、時間帯によっては避けるべきトイレを事前に把握する事が出来るようになります。

 

2.導入できるトイレ

オフィスビルや駅構内、商業ビルなどにあるトイレでは、通常は複数の個室があるケースが多いです。

ドアの開閉状態によって利用中なのか空いているのかを判断できるドアに、ドア開閉センサーを取り付ける事によって、トイレの利用状況をシステムが判断できるようになります。

取り付けるセンサーは、無線センサーであるEnOcean ドア開閉センサー(STM429J)を使います。

STM4xx_case

無線であるため、工事などは必要なく、簡単に取り付ける事ができます。

 

3.導入場所の例

以下のような場所に導入いただくと、利用者の満足が高くなると想定されます。

No 導入場所 内容
1 オフィスビル 社員の便所ストレスを解消(職場環境の良好化)
2 駅構内 トイレ混雑度をインターネット公開(満足度向上)
3 商業ビル トイレ混雑度を事前にモニターで表示
4 学校 生徒の便所ストレスを解消(文武に集中)
5 大型施設 ショッピングモールや展示会場の付加価値

 

4.Web画面の例

オフィスビルのトイレ利用率を可視化した画面例が以下になります。

 

toilet_floor_used

利用率はリアルタイムで変化します。

表示されている各トイレにはリンクがあります。

例えば、「2階の男子トイレ、利用率66%」をクリックすると以下のような画面に移動します。

toilet_2f_man_dashboard

画面上部の3つの四角はトイレの個室(計3戸)となります。

左端(グリーン)は空いている「トイレ個室」、真ん中と右端(グレー)は「利用中のトイレ個室」です。リアルタイムで変化します。

画面下部のグラフは、トイレの利用率グラフになります。リアルタイムで変化します。

 

5.さらに詳しい情報

詳細は「トイレ利用状況の可視化 | 株式会社ファンブライト」を参照ください。

manage-toilet

ご質問やご依頼は、お問い合わせからお願いいたします。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。