Pocket

Google Play 公開時の Maps APIキー

  • add this entry to hatena bookmark

Google Maps を使用したAndroidアプリを公開してみたら、地図がうまく表示されないなどの問題がありました。調べてみると、AndroidアプリをGoogle Play で公開する際には、リリース用の電子署名ファイルでMaps APIキーを取得する必要がある事が分かりました。作業内容を記録しておきます。

最初にMaps APIキーを取得した時

最初にGoogle Maps APIキーを取得した時は、以下のように、keystoreを臨時的な感じで作って、フィンガープリント(MD5)を取得していました。

 > keytool -list -keystore "デバッグ用のkeystoreファイル" 

その後、Androidアプリを完成させ、Google Play に公開する為に署名キーを設定したkeystoreは別途作成していました。この別途作成したkeystoreでGoogle Maps APIキーを取得する必要があった、という事になるようです。

Google Play 公開時のMaps APIキーを取得

まず、署名キーを設定したkeystoreでフィンガープリントを取得します。その際、MD5で取得する必要があるので、以下のコマンドでフィンガープリントを表示させました。

 > keytool -v -list -keystore "Google Playへのリリース用の電子署名ファイル" 

MD5 のフィンガープリントをコピーして、http://code.google.com/android/maps-api-signup.html からGoogle Maps APIキーを取得しました。

Google Play へ更新版APKをアップ

あとは、Androidアプリ内で設定している「android:apikey」を更新し、AndroidManifest.xml でバージョンをアップした後に、署名付きAPKファイルを作成、Google Play にアップしました。

これで、Google Play に公開したGoogle Maps 利用 Androidアプリでも、地図がうまく表示されるようになりました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。