Pocket

VMware上で、Vyatta Core 6.6 R1 を初期設定する方法

  • add this entry to hatena bookmark

Vyattaはオープンソースの仮想ルータで、Vyatta Core は無償で利用できます。

VMware ESXi 5.1 上で、Vyatta Core 6.6 R1 の初期セットアップをする方法を記載しています。

内容は、Vyatta用の仮想マシン作成から、SSH接続あたりまでとなります。

1.仮想マシンの作成

Vyatta用に仮想マシンを作成します。

今回利用したVyattaイメージは「vyatta-livecd_VC6.6R1_amd64.iso」です。

  • 「仮想マシンのバージョン」は「8」にします。
  • ゲストOSは、Linuxを選択し、「Debian GNU/Linux 6 (64bit)」を選択します。
  • NICは2つ選択します。それぞれ用意しているネットワークに設定します。
  • CPUは1個、メモリは1GB、ディスクは1GBにしました。

2.Vyattaインストール

Vyattaイメージをマウントし、作成した仮想マシンを起動すると、最初のVyatta画面が表示されます。

vyatta

Enterを押下し、vyatta のログイン認証が求められますので、デフォルトで用意されているアカウント「vyatta」、パスワード「vyatta」でログインします。

ログイン後、仮想マシンにVyattaをインストールする為に「$ install system」コマンドを投入すると、インストールプログラムが走ります。

vyatta-install

質問形式となっていますが、ほぼほぼデフォルト通りで問題ないと思います。
インストールは、以下が表示されて終了します。

Setting up grub : OK
Done!
vyatta@vyatta:~$

この段階で初期設定が入っていますが、まだIPアドレス設定などは行われていません。
一旦、再起動します。

$ reboot

再起動後、引き続きコンソール接続から、IPアドレス設定を行います。

設定作業をするときは「configure」モードになって、「set」コマンドで設定していきます。

$ configure

# set interfaces ethernet eth0 address 192.168.1.10/24

# set service ssh listen-address 192.168.1.10

# commit

取り急ぎ、上記のように、IPアドレス設定(環境にあったIPアドレスをご利用ください)と、SSHログイン設定を行ってから「commit」します。
これで、SSHでログインして作業を進める事が出来るようになります。

3.Vyatta 残りの基本設定

SSHでログインできるようになりましたので、TTSSHで残りの基本設定を進めます。(何が基本設定なのかは環境によって異なりますので、あしからず。)
先ほど eth0(192.168.1.10/24)を設定しましたが、以下では eth1(192.168.2.10/24)を設定し、ゲートウェイ等を設定しています。

$ configure
# set interfaces ethernet eth1 address 192.168.2.10/24
# set system gateway-address 192.168.1.1
# set system host-name vyatta-fanbright
# set system name-server 192.168.1.1
# set system time-zone Asia/Tokyo
# commit
# save

time-zone設定で「Asia/Tokyo」を設定すると、日本の時刻になります。

二つのネットワーク(192.168.1.0/24、192.168.2.0/24)にある別のマシンに対して、Ping導通が出来ている事が確認できる事を確認します。

以上で、Vyattaの基本設定は終了です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。