Pocket

Simple_Related_Posts_in_Page

  • add this entry to hatena bookmark

WordPressにて、固定ページと関連する投稿ページをリンク表示するプラグイン「Simple Related Posts in Page」を開発/公開しています。

最新バージョンは、1.0です。(公開日:2012/12/18)

このプラグインの利用方法を記載しております。

プラグインの機能説明

固定ページのタイトルと、投稿ページのタグが同じ場合に、固定ページの任意の場所に、投稿ページのタイトルをリンク表示する機能です。

ショートコード [show_posts_link] を固定ページに記載する事によって、その固定ページのタイトルと同じ文字列でタグ設定された投稿ページのタイトルをリンク表示します。

  • 関連する投稿を設定した件数まで表示する事が出来ます。(デフォルト10件)
  • 関連する投稿がない場合は、何も表示しません。
  • 関連する投稿がある場合、関連する投稿の前に文字列を設定できます。例えば、「関連する投稿」などの文字列を自由に設定できます。
とてもシンプルな機能です。

動作するWordPressバージョン

以下のWordPress バージョンで動作確認をしています。

  • 3.5.1
  • 3.4.1
  • 3.4.2

プラグインのインストール方法

  1. Simple Related Posts in Page プラグインをダウンロードし、解凍します。
  2. 解凍した「simple-related-posts-in-page」フォルダを、/wp-content/plugins/ ディレクトリにアップロードします。
  3. WordPressのPluginsメニューから、このプラグインを有効にします。

※プラグインを有効にするだけで、利用できるようになります。

※ 管理パネルにて、表示する投稿件名リンクの件数を指定できます。(デフォルトは10件です。)

プラグインの使い方

対象となる固定ページの任意の場所に、ショートコード show_posts_link (シングルクォートで囲ってください。)を記載します。以下の例では「test」というタイトルの固定ページにショートコードを記載しています。対象となる固定ページにショートコードを挿入します。

関連付けたい投稿ページを作成/編集する際に、固定ページのタイトルと同じ文字列を投稿タグに設定します。以下の例では、固定ページのタイトルと同じ文字列である「test」という投稿タグを設定しています。

ショートコードを設定した個所に、該当する投稿ページのタイトルがリンク表示されます。

FAQ

  • Q:固定ページのタイトルや、投稿タグで、スペース文字列は使えますか?
  • A:固定ページのタイトルと、投稿ページのタグに、空白が入っている場合は、関連付ける事ができません。もし、文字列を区切りたい場合は、アンダースコアなどを使ってください。
  • Q:固定ページに表示できる、関連投稿ページのリンク数は何件ですか?
  • A:デフォルトは10件です。変更したい場合は、管理ページで変更できます。
  • Q:関連する投稿ページがある時に表示される1行上の文字列を変更できますか?
  • A:はい。管理ページから自由に変更できます。

プラグインのバージョン毎の変更点

Version 1.0 : 固定ページに関連する投稿ページがある場合、投稿ページのリンクの上に、「関連する文字列」などの文字列を自由に指定できる機能を追加しました。(公開日:2012/12/18)

Version 0.2 : 固定ページに表示する投稿タイトルの件数を指定できる機能を追加しました。(公開日:2012/10/08)

Version 0.1 : 初版リリースです。(公開日:2012/08/06)


関連する投稿
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。