Pocket

WindowsからCentOSのデスクトップにVNC接続できる環境を構築する方法

  • add this entry to hatena bookmark

CentOS 6.4 のデスクトップ環境に、Windows7端末からVNC接続する設定を行ったので、簡単ではありますが記録しておきます。

今回の環境

CentOS 6.4(サーバ)には、TigerVNC Server(1.1.0-5)を導入しました。

Windows 7(クライアント)には、RealVNC の VNC Viewer(VNC-5.0.5)を導入しました。

TigerVNC の導入

CentOS6.4 では、以下のyumコマンドでTigerVNC がインストールされます。

# yum install vnc-server
# rpm -qa | grep vnc-server
tigervnc-server-1.1.0-5.el6_4.1.x86_64
#

次に、VNCで、CentOSに接続する為のOSアカウント(仮でvncuserとします)に、VNCパスワードを設定します。

# su - vncuser
$ which vncpasswd
/usr/bin/vncpasswd
$ vncpasswd
Password:(パスワードを入力)
Verify:(パスワードを再入力)
$

次に、VNCサーバの設定を行います。
「/etc/sysconfig/vncservers」ファイルで以下の行を最後に追加します。

VNCSERVERS="1:vncuser"
VNCSERVERARGS[1]="-geometry 1024x768 -nolisten tcp"

VNCサーバの設定が終わったら、VNCサーバを起動します。

# /etc/init.d/vncserver start
Starting VNC server: 1:vncuser
New 'centos01:1 (vncuser)' desktop is centos01:1

Starting applications specified in /home/vncuser/.vnc/xstartup
Log file is /home/vncuser/.vnc/centos01:1.log

                                                           [  OK  ]
# /etc/init.d/vncserver status
Xvnc (pid 3548) is running...
#

上記載の設定で、VNCサーバを起動すると、TCP 5901 で起動します。
よって、iptablesなどFireWallを使っている場合は、TCP 5901 でVNCクライアントから接続できるように設定が必要です。
「/etc/sysconfig/vncservers」で設定を増やしている場合は、TCP 5902、5903・・・と利用ポートが増えていきますので、複数のアカウント設定を入れている場合は必要に応じて、許可ポートを増やしてください。

VNCクライアントの設定

次に、Windows7端末にVNCクライアントをインストールします。

RealVNC のサイトから、 Windows用VNCをダウンロードします。 今回ダウンロードしたバージョンファイルは「VNC-5.0.5-Windows.exe」でした。

ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックするとセットアップウィザードが始まります。「Select Components」画面では「VNC Viewer」だけを選択します。

VNC-Viewer-setup

あとは、そのままウィザード処理を進めてセットアップを終了させます。

VNC Viewer を起動します。

VNC-Viewer

VNC Server には、接続するCentOS6.4のIPアドレスと、その後ろに「:1」という文字列を付けます。上記載の画面画像は、IPが192.168.1.100 で、「/etc/sysconfig/vncservers」で設定したディスプレイ番号「1」で接続する際の画面例です。

「Connect」ボタンをクリックした後の次画面では「Unencrypted Connection」が表示されますが、(フリーのRealVNCクライアントを使うと暗号化したコネクションは出来ないので)そのまま進みます。パスワード入力画面で正しいパスワードを入力すると、VNC接続が出来ます。

VNC-Viewer-connect

今回は、基本的にVNCを使って、Windows端末からCentOSサーバーに接続出来るところまで簡単ではありますが記載しました。

備考

  • VNCサーバの起動は、常時起動が必要なければxinet.dなどで起動させてもOK。
  • VNCサーバの起動は、アカウント毎に随時起動する方法もある。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。