Pocket

CentOSのOVFインポートで「udev: renamed network interface eth0 to eth1」

  • add this entry to hatena bookmark

VMware ESXi で、ゲストOSのCentOSを「OVFテンプレートのエクスポート」し、「OVFテンプレートのデプロイ」しました。

デプロイしたOSを起動すると、「udev: renamed network interface eth0 to eth1」が発生し、eth0 だけを持っていたCentOSのNICがUpしない状態となります。

その原因と対応の記録です。

原因

元のゲストOSのNICが持っていたMACアドレスと、新しい仮想マシンで起動したゲストOSのNICのMACアドレスが異なる為、udev(Userspace device management)が動的にeth1として新しいMACアドレスを登録した為です。

対策

「/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0」で元々設定されているMACアドレスを、新しいMACアドレスに変更します。

変更するMACアドレスは「/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules」に設定されているeth1 のMACアドレスを用います。

なお、「/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules」ファイルには、eth0 と eth1 の設定が入っていますが、OS起動時にudevによって生成されるので、ファイルをバックアップがてら別の場所に移動しておきます。

その後、OSを再起動すれば、eth0 が新しいMACアドレスでUpします。

OS再起動後の「/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules」ファイルには、新しいMACアドレスでのeth0 エントリだけが設定されている状態になります。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。