Pocket

AWS EBSスナップショットの取得とスナップショットからの復旧方法

  • add this entry to hatena bookmark

AWS EC2 インスタンスでは、仮想ストレージとして、Elastic Block Store(EBS)を使っていますが、EBSのスナップショットの取得と、スナップショットからの復旧操作を実際にやってみました。操作内容を記録しておきます。

Snapshotの取得

スナップショットの取得は、EBSの「Volumes」画面、もしくはEBSの「Snapshots」画面から実施できます。今回はEBSの「Volumes」画面からスナップショットの取得を行います。

スナップショットを取得するVolume(今回は Volume ID が vol-acc03d89 です)を選択、右クリックして、「Create Snapshot」を選択すると以下の画面が表示されます。

create-snapshot

「Name」でスナップショットを識別できる名前をつけて、「Yes,Create」ボタンをクリックするとスナップショットを取得できます。

Snapshotからの復旧

スナップショットからデータを復旧する必要がある場合は、以下の手順で進めます。

  1. 復旧対象のSnapshotからVolumeを作成する
  2. EC2インスタンスを「STOP」する
  3. EC2インスタンスにAttachしているVolumeをDetachする
  4. 復旧対象のSnapshotから作成したVolumeをEC2インスタンスにAttachする
  5. EC2インスタンスを「START」する

では、以降に各手順を記載します。

1.復旧対象のSnapshotからVolumeを作成する

EBSの「Snapshots」画面から、該当のSnapshotを選択して右クリックし、「Create Volume from Snapshot」を選択すると、以下のダイアログが表示されます。

create-volume

EC2インスタンスと同じAZにVolumeを作成します。

Volumes画面を確認すると、利用可能(available)Volumeとして新規Volumeが作成されています。

volume-list

2.EC2インスタンスを「STOP」する

次に、Volumeを付け替えるために、EC2インスタンスを停止します。

instance-stop

なお、スポットインスタンスを使っている場合は、インスタンスを「STOP」する事は出来ません。(スポットインスタンスの特性を考えれば納得です。)

3.EC2インスタンスにAttachしているVolumeをDetachする

停止したEC2インスタンスにAttachされているVolumeをDetachします。

Volumes画面で、「in-use」となっているAttachしているVolumeを右クリックして「Detach Volume」を選択します。

表示される以下のダイアログで、「Yes, Detach」ボタンをクリックします。

detach-volume

これで、EC2インスタンスにAttachしているVolumeは無くなります。

4.復旧対象のSnapshotから作成したVolumeをEC2インスタンスにAttachする

次に、先ほどSnapshotから作成したVolumeをEC2インスタンスにAttachします。

Volume画面で該当Volumeを選択して右クリックし、「Attach Volume」を選択します。すると、以下のダイアログ画面が表示されます。

attach-volume

「Instances」で、停止している該当EC2インスタンスを選択します。

「Device」では、Linux起動ディスクである「/dev/sda1」を指定入力します。

「Yes, Attach」ボタンをクリックすると、すぐにVolumeがAttachされます。

volume-list2

5.EC2インスタンスを「START」する

最後に、EC2インスタンスを起動すれば、スナップショットから作成したVolumeでEC2インスタンスを起動する事が出来ます。

少し手間がかかりますが、スナップショットからの復旧手順は以上です。

(もっと楽な復旧方法はないのかな?)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。