Pocket

Amazon VPC をスポットインスタンスで利用する方法

  • add this entry to hatena bookmark

Amazon Vritual Private Cloud (仮想プライベートクラウド)を用いると、専用のプライベートネットワークセグメント環境を構築できます。これによって、様々なニーズに合致するインフラ環境を用意できるようになります。

最もシンプルな構成でVPC環境を構築しましたので、ポイントを記録しておきます。EC2インスタンスはスポットインスタンスを使った方法になります。

VPC環境を構築する際の手順は、大まかには以下のような手順になります。

  1. VPCネットワークの作成
  2. EC2インスタンスを作成

この手順で、以降記載していきます。

1.VPCネットワークの作成

まず、VPCネットワークを作成します。

VPC画面にアクセスし、「Get started creating a VPC」ボタンをクリックします。

vpc-creating-a-VPC

次の画面では、VPC設定を以下の4つから選択する事になります。

  • VPC with a Single Public Subnet Only
  • VPC with Public and Private Subnets
  • VPC with Public and Pricate Subnets and Hardware VPN Access
  • VPC with a Private Subnet Only and Hardware VPN Access

vpc-select-VPC-configuration

今回は一番上の「VPC with a Single Public Subnet Only」を選択します。

次の画面では、Internet Gateway や、Subnet のセグメント設定を行います。

vpc-network

「Create VPC」ボタンをクリックすると、VPC 作成処理が走り、VPCが作成されます。作成されたVPC情報はAWSコンソール画面から確認できます。

VPC作成後に、VPC内にインスタンスを作成する事が可能になります。

2.EC2インスタンスを作成

今回、EC2インスタンスは、スポットインスタンスで作成しました。

「Request Instances Wizard」の、スポットインスタンスを要求する際に、「EC2-VPC」を選択するところがVPC利用時のポイントになります。

vpc-request-spot-instances

処理を進めると、VPCスポットインスタンスの要求が完了します。

Spot Requests 画面を見ると、Stateが「open」、Statusが「pending-fulfillment」となっており、スポットインスタンスの起動待ちとなっています。

vpc-ec2-spot-open

しばらくすると、Spot Requests 画面で、Stateが「active」、Statusが「fulfilled」に変更になります。スポットインスタンスが起動した事になります。

vpc-ec2-spot-active

次に、VPCコンソール画面で、Elastic IPs を取得します。IPアドレスは「VPC」で割り当てます。

vpc-allocate-new-address

「Elastic IPs」画面で取得したIPを選択して右クリックし、「Associate」を選択します。すると、「Associate Address」画面で表示されます。

vpc-associate-address

Instance でElastic IPを割り当てるインスタンスを選択すると、インスタンスにElastic IPが割り当てられます。

以上で、SSHで接続できるVPCインスタンスが作成完了となります。VPC画面は以下のような感じになります。

vpc-first-ec2-conf

該当VPCインスタンスにSSHで接続し、ifconfig でインターフェースを見てみると、指定したIPアドレスでインスタンスが起動しています。

$ /sbin/ifconfig -a
eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 06:C9:F6:E2:B4:F3
          inet addr:10.0.0.17  Bcast:10.0.0.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: fe80::4c9:f6ff:fee2:b4f3/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:1383 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:1473 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:148820 (145.3 KiB)  TX bytes:150778 (147.2 KiB)
          Interrupt:25

lo        Link encap:Local Loopback
          inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0
          inet6 addr: ::1/128 Scope:Host
          UP LOOPBACK RUNNING  MTU:16436  Metric:1
          RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:0
          RX bytes:0 (0.0 b)  TX bytes:0 (0.0 b)

$

VPCを使いこなす事によって、色々出来そうです。

ちなみに、VPCを削除する時は、まず該当インスタンスを「Terminate」した後に、Elastic IP を削除して、VPCを削除します。VPCを削除するときは以下のような画面が表示され、関連する設定が一気に削除できます。

vpc-delete

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

チェックサイト RSS Feed読者登録はいかがでしょうか?RSS配信中です。