CentOSのOVFインポートで「udev: renamed network interface eth0 to eth1」

VMware ESXi で、ゲストOSのCentOSを「OVFテンプレートのエクスポート」し、「OVFテンプレートのデプロイ」しました。

デプロイしたOSを起動すると、「udev: renamed network interface eth0 to eth1」が発生し、eth0 だけを持っていたCentOSのNICがUpしない状態となります。

その原因と対応の記録です。 Continue reading

VMware ESXi のゲストOS(CentOS)で USBデバイスを使う方法

ESXi を動かしている物理サーバに差しているUSBメモリデバイスを、VMware ESXi のゲストOS(CentOS)から利用する方法を記載しています。

環境情報

今回の環境情報は以下です。

  • VMware ESXi 5.1
  • USBメモリデバイス:Phison CripDrive(結構古いUSBメモリです)
  • CentOS 6.5

1.lsusbをインストール

ゲストOSであるCentOSに、USBデバイス情報を表示できる「lsusb」パッケージをインストールしておきます。

# yum install usbutils
# rpm -qa | grep usbutil
usbutils-003-4.el6.x86_64
#

現段階で、lsusbを実行すると以下のような感じです。

# lsusb
unable to initialize libusb: -99
#

2.仮想マシンでの設定

次に、vSphere Client から、USBデバイス用の設定を行います。

該当の仮想マシンを選択し、「仮想マシン設定の編集」画面を開きます。「ハードウェア」タブで「追加」ボタンをクリックします。

VirtualMachine_1

「追加するデバイスタイプ」は、まず「USBコントローラ」を選択します。

VirtualMachine_2

コントローラタイプは、今回は「EHCI+UHCI」を選択します。

VirtualMachine_3

終了ボタンを押します。

VirtualMachine_4

USBコントローラが追加されます。次にUSBデバイスを追加する為、再度「追加」ボタンをクリックします。

VirtualMachine_5

「USBデバイス」を選択します。

VirtualMachine_6

物理マシンに接続しているUSBメモリデバイスが認識されているので選択します。

VirtualMachine_7

終了ボタンをクリックします。

VirtualMachine_8

OKボタンを押すと、仮想マシンにてUSBメモリデバイスが認識されます。

VirtualMachine_9

3.ゲストOSでUSBデバイスを利用する設定

ゲストOS側で、dmesg コマンドの表示結果を見ると、USBメモリデバイスが認識されている事が確認できます。

$ dmesg
(中略)
usb-storage: device scan complete
scsi 3:0:0:0: Direct-Access              ClipDrive        1.13 PQ: 0 ANSI: 0 CCS
sd 3:0:0:0: Attached scsi generic sg2 type 0
sd 3:0:0:0: [sdb] 1007616 512-byte logical blocks: (515 MB/492 MiB)
sd 3:0:0:0: [sdb] Write Protect is off
sd 3:0:0:0: [sdb] Mode Sense: 23 00 00 00
sd 3:0:0:0: [sdb] Assuming drive cache: write through
sd 3:0:0:0: [sdb] Assuming drive cache: write through
 sdb: sdb1
sd 3:0:0:0: [sdb] Assuming drive cache: write through
sd 3:0:0:0: [sdb] Attached SCSI removable disk
SELinux: initialized (dev sdb1, type vfat), uses genfs_contexts
$

上記例では、「sdb1」として認識されています。

lsusbコマンドで確認してみます。

# lsusb
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 001 Device 002: ID 0d7d:1600 Phison Electronics Corp.
Bus 002 Device 002: ID 0e0f:0003 VMware, Inc. Virtual Mouse
Bus 002 Device 003: ID 0e0f:0002 VMware, Inc. Virtual USB Hub
#

USBデバイスが認識されています。

あとは、USBデバイスをマウントする設定を行います。

# mkdir /mnt/usb
# mount /dev/sdb1 /mnt/usb
# mount
(中略)
/dev/sdb1 on /mnt/usb type vfat (rw)
# ls -la /mnt/usb
合計 8
drwxr-xr-x. 2 root root 4096  2月  9 12:52 2014 .
drwxr-xr-x. 4 root root 4096  2月  9 12:37 2014 ..
#
# cp /etc/hosts /mnt/usb/
# ls -la /mnt/usb
合計 12
drwxr-xr-x. 2 root root 4096  2月  9 12:53 2014 .
drwxr-xr-x. 4 root root 4096  2月  9 12:37 2014 ..
-rwxr-xr-x. 1 root root  158  2月  9 12:53 2014 hosts
#

以上で、USBメモリデバイスが使えるようになりました!

Zabbix 2.2.1 のセットアップ画面で「PHP databases support」が Fail になる

今回、昨年2013年12月9日にリリースされた、Zabbix 2.2.1 をインストール、セットアップしてみました。

Welcome_Zabbix221

Webセットアップ画面の「2. Check of pre-requisites」で、「PHP databases support」が「off」、結果が「Fail」となり、解消できない状態となりました。 Continue reading

NATされたVyattaからAmazon VPCに接続する方法

PPPoE接続しているルータの配下にある、プライベートIPアドレスを持ったVyattaから、Amazon VPCへVPN接続してみました。

簡単な構成図は以下のようになります。

Vyatta_VPC_201402

その設定内容を記載しています。運用していく為には、細かな微修正は必要になると思いますが、取りあえずの接続の部分となります。

利用したVyattaは「Vyatta Core 6.6 R1」です。 Continue reading